エラ削りの整形を受けた体験談

お金でコンプレックスを無くせるなら安い

エラ削りエラ・あご・頬骨の整形

張ったエラはメイクでは隠せない我慢の限界、クリニックでエラ削りの施術を受けるしかないお金でコンプレックスを無くせるなら安い

施術が終わってから目覚めた時は、少し麻酔が切れていたのか、顔にジンジンと強い痛みを感じました。
そのことを看護師に伝えると、すぐに痛み止めの薬と座薬で対処してくれました。
顔の状態は、包帯などで巻かれている状態だったので全く分かりませんでした。
説明によれば、術後一週間くらいは腫れがひどいために患部を固定しなければいけないという事でした。
施術後に1番大変だったのは、患部の痛みです。
特に施術から3日目位が痛みのピークで、口を動かすだけで強い痛みを感じるのです。
そのため、食事を摂る際は、あまり噛まなくてもいいお粥を啜っていました。
ただ5日をピークにだんだんと痛みも引いてきて、ご飯を普通に食べられるようになりました。
およそ一週間で痛みは治まったものの、今度は腫れがなかなか引かなくて一苦労しました。
しかし、2週間くらい経過した時にようやく腫れも徐々に引いていき、患部の状態を確認する事ができるようになりました。
初めて鏡で状態を見た際は、きれいにエラが消えていて本当に感動しました。
おかげで、ずっとコンプレックスだったエラがなくなって満足しています。